個人の家の改築などでユンボをレンタルする方法

個人の家の改築などでユンボをレンタルする方法

個人の家の改築などでユンボをレンタルする方法

企業に限らず個人でもユンボを使って家のリフォームをしたいというニーズは少なからずあります。
家をお持ちの方などで、リフォームなど少し規模の大きい作業をする際、重機があったほうが格段に作業効率を楽にできるはずです。
また、寒い地方にお住みの方などは重機がなければ作業が進まないということも多くあります。
しかし重機を購入するのはお金がかかりすぎる、手続きが面倒です。
そういう方に朗報なのが、レンタルです。
あまりなじみがないですが、そういったサービスを行っている会社は現にあります。
例えば、コマツレンタルという会社では、油圧ショベルやブルドーザの建設機械をレンタルするサービスを行っています。
さらに全国120箇所以上に店舗を持っているので、ほとんどの方が利用できます。
しかし、ユンボと一口にいっても種類、そして小型から大型まであり最初はとっつきにくいかもしれません。

そんなあなたに一つだけ覚えてほしい単語があります。
それはバケット容量という単語です。
これは、アームの先端についているスコップのような籠のことで、一回で何立方メートル掬えるかを表します。
一般的な工事では、0.6立方メートルあたりの大きさで、個人で使う分には0.05立方メートルくらいの大きさを使います。
ユンボの小型のものをミニバックボウといい、一日一万円以下でレンタルできるのでこの料金だけを見れば意外と気軽に利用することができます。
しかし輸送費がかさむことがあり注意が必要です。
そして実際に運転する際に注意点があります。
それはユンボの操縦席は回転することができ、ほぼ真逆まで見渡すことができます。
そして真逆を向いたままそのまま前進しようとしても、キャタピラの向きは変わらないので操縦席に対してバックしてしまいます。
これが思わぬ事故を引き起こす可能性があり、注意が必要です。
効率的とはいえ焦らずしっかりと操縦するようにしましょう。

お知らせ

一覧

ユンボはレンタルする方が故障に強いです

ユンボのレンタルによって得られること

ユンボのレンタル料金相場とバケット容量について

ユンボを個人でレンタルする前に知っておくこと

工事で使うユンボはレンタルを利用しています